こんにちは。中村です。

メルカリでフルーツを買うのが面白かったので、8月はマンゴーに狙いを定めて食べ比べしていました。
マンゴーと言っても品種が色々あり味や食感が違いましたよ。


●レッドキーツマンゴー

酸味が少なく甘味が強い。
また繊維がほとんどなくプリンような食感。もはやマンゴープリンを食べれば良いんじゃ?って気がしてくるので、繊維は多少あったほうが好きなんだとレッドキーツを食べて気付きました。
そのまま食べるには甘すぎるので、ヨーグルトなどと合わせて食べるのがおすすめ。

 

●キーツマンゴー


甘み・酸味のバランスが良く、ペロリと食べられる。
繊維はやや少な目。
キーツは3件の農家から購入したんですが、そのうち2件が熟す前に腐り出してしまいました。
少し高くても黒点が無いものを選んだ方が、食べられる量が多いかも。
美味しいけど追熟が不安なマンゴー。

 

●金蜜(きんみつ)

レッドキーツのように酸味が少なくとにかく甘い。繊維はやや少な目。
これもヨーグルトなどと食べるのが美味しい。
マンゴーらしい風味も強く、マンゴー好きは気に入ると思います。
夫いわくタイで食べたデザートに乗ったマンゴーに近い。
高くても買って良かった~!と思える濃厚さで一押し。

 

●アーウィン

スーパーでアップルマンゴーとして売っているのは殆どアーウィン。宮崎県の「太陽のタマゴ」もこの品種。
ジューシーで甘みもしっかりある。国産は木で熟したものを収穫するので美味しいです。
ここまで他のマンゴーは繊維質が少ないと書きましたが、食べ慣れたアーウィンがマンゴーの中でも繊維質が多いだけでした。

 

●玉文(ぎょくぶん)

繊維質はやや少な目。キーツと同じぐらいの甘さで食感も似ているけれど、よりマンゴーらしい風味が強い。キーツの風味強い版、金蜜の甘さで控えめ版。
そのまま食べるなら一番好きです。

 

●金煌(キンコウ、キンコー)

これだけメモが残っていませんでした。
風味が強くもなく甘すぎることもなく、キーツに近い感じだったと思います。
一つしか食べていないのでまた感想も変わるかもしれません。

 


●紅金煌(赤金煌、レッドキンコウ、レッドキンコー)

あんまり売っていません。レアマンゴー。
金蜜に似て風味が強く甘さが強い。繊維質も少な目。
今回は大きくならずに熟したミニマンゴーなのでさらに甘かったです。

 

いかがだったでしょうか?
私のオススメは甘党なら金蜜、さっぱり派なら玉文です。
また来年もメルカリのポイントが溜まっていたら買いたい。
(マンゴーだけで2万円ぐらい使った…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です